易往山 浄勝寺ブログ

岐阜県 揖斐郡 大野町にある、浄土真宗 本願寺派のお寺「浄勝寺」の紹介です。

『正風遠州流挿花(いけばな)ひとりけいこ』

ナマ のロゴ_convert_20170109184140_convert_20170109203622

 はじめて、生涯で唯一、江戸時代の和本を読み上げました。2カ月かかったようです。
 文化3年、1806年に江戸の町で刊行された、生け花の本です。
 200年以上たっていますので、いつもですと部分的にしか読めずに、あきらめているはずなのですが、本の内容にとても興味があったたため、最後まで読解にチャレンジできたのだと思います。

IMG_20180414_214657_convert_20180418220532.jpg
 
 小さな本です。表紙に貼ってあった「題」の紙はとれて、無くなっています。「正風遠州流挿花(いけばな)ひとりけいこ」と書いてあったはずなんですが。
 独習書ですね。「師がいなくても、木のぼりができるように、書いたよ。」と著者は言っていました。秘伝が当たり前の時代に、このオープンな気持、ジンと来ました。

半分 wo09_00614_p0045_convert_20180418222729

 こんな感じです。職人がこんな筆字を木の板に彫ったんですね!(便宜上、早稲田大学の蔵書アーカイブの写真)
 これを写真修正すると、
半分 改 wo09_00614_p0045_convert_20180418222550
 まん中の「く」のようなのは、虫が食った跡です。これを苦心して読むと、

一、何の道によらず、稽古には先ず其の土台を能くわきまへ知るべきこと也。        
此の小冊は童蒙(どうもう:無知なひと)のために、花けいこの土台をしらしむる也。
猶(なお)次の百首を能(よく)誦(じゅ)し、覚うべし。
 ○正風挿花稽古 土台枝折(しおり)歌 百首
    礎(いしずえ)
出生は違(たが)うまじきぞ 去(さり)ながら(:しかし)
 曲(きょく)と時節(じせつ)を わするべからず(寿)


――と、こうなります。 歌を作って、覚えやすくするというのは、すごいですね。明治までの日本人の身についていた教養・文化でしょう。
 しかし、私の古文書(こもんじょ)の力では、こんな見やすい刊本(木版印刷)でさえも、悪戦苦闘の毎日でした。一日6時間くらい対決していたと思います。
 知らないうちに、パソコンの横には、字書の山ができていました。

改 参考書 IMG_20180414_214549_convert_20180418220507

 花の名前も今とは違うし、江戸時代の著者の心に侵入し、できれば同調するためには、これだけでは済みません。

IMG_20180414_183054_convert_20180418220549.jpg

 やぐらコタツが置いてある部屋まで行って、全20巻の「日本国語大辞典」も引くことになります。分冊で面倒ですが、古本屋で買っておいてよかった、と思うことがたびたびです。
 いやいや、江戸の人がふつうに使った言葉、花の名前を探索するは、これでは新しすぎます。
 とても役に立ったのが、これ。

IMG_20180414_172809_convert_20180418220606.jpg

 ご存知なら、あなたもインテリの仲間です!?『大言海』。正直なところ、こんなものは、一生使わないと思っていました。私のは分冊ではなく、一冊本です。
 学生のころ研究室で便利だと思い、名古屋の丸善で見かけて買ったものです。背革装。ものすごく役に立ちました。パソコンやスマホは、まるで役に立ちません。最後は、これです。

IMG_20180414_175500_convert_20180418220621.jpg

 こうやって1ページが、やっと読めることになります。もちろん、とうとうわからずじまいの字も、いくつか残りました。
 A4用紙上下2段組にして保存。こうしておけば、古文書(こもんじょ)の入門参考書にもなるでしょう。

siagari_convert_20180418223031.jpg

 ようやく一冊を読み終えたところです。ふぅっ! 私の手前味噌な、生活報告です。
 読んでみたい、見てみたい方はどうぞ、えんりょなく御連絡下さい。差し上げます。

スポンサーサイト

PageTop

いのちが燃えいずる季節です

 お内仏のお花、久しぶりです。ちょっと手が離せない作業をかかえて、時間が取れなかったのでした。
 さて3月の終わりがけからです。

改 3月 由利子 DSCF3164_convert_20180414223255

 水仙、菜の花、らっぱ水仙と、3月ではどこの家でもまだまだこのような花しかありません。
 しかし高野マキがあるのが、強みでした。これが入るだけで、なんだか風情が出てしまいますね。
 相羽、Yさん宅でのおじょうはんです。

改 曻 3月 DSCF3168_convert_20180415172236

 ここのお宅にも、高野マキが入れてありました。いいものですね。大根の花?も取って来られたようです。
 赤い、かわいらしい花は何と言うのでしょうね? ごぞんじの方、お知らせください。相羽、Aさん宅のおじょうはんです。

改 京子法事 DSCF3184_convert_20180414223345

 下方、Kさん宅での、おじいさまのご法事です。軸は、わたしの祖父の書です。きまじめに「龍堂 臨書」と書いてあるのが、おかしいでしょ。龍堂は号。恐ろしいほどきまじめな、書を愛したおじいさんだったそうです。
 下のほうに書かれた讃は、「まかせの 身こそ 安すけれ」です。前半は軸の上部に書いてあるのです。

 うまくたわめてある、枝ぶりが美しいですね。ヒュウガミズキのような、やさしい色ですが、何という花木か、わからずじまいでした。

改 堀さん4月 DSCF3186_convert_20180414223443

 この日は「寝過ごしてしまって、娘が花を立ててくれました。ありがたいです。」とおっしゃる、相羽のMさん宅、おじょうはん。
 とうとうチューリップが出てきましたね。雪柳も使われていました。 4月に入りました。

改 IMG_20180403_084410_convert_20180414223739

 相羽の Kさん宅おじょうはん。アカシア、ミモザアカシアの花です。派手ですね。
 イタリアでは男性から女性へ、日ごろの感謝を込めて贈る花なんだそうです。

改 脩司氏4月 DSCF3207_convert_20180415170555

 雲南オウバイ(黄梅)ですね。明治になってから、中国から渡来した花なんだそうです。ツルものですから、まとめるのに苦労されたことと思います。
 あとはだいたい、みなさんおわかりでしょうが、まん中あたりのピンクの花、わかりますか?
 「タイ釣り草」と言うらしいです。調べたら、ケマンソウともよばれるようでした。お寺の本堂にある、飾り道具のひとつ「華鬘(けまん)」に見えるというわけですね。
 真のビシャもきっちりと立っていました。下方のSさん宅のお定飯です。

改 脩司氏床の間4月 DSCF3213_convert_20180415170616

 同じおうちの床の間です。山吹の季節でもあります。黄の八重と水仙でしょうか。とにかくきちんと色の配置がなされていました。ご性格でしょうね。
 折り紙のお人形さんもちゃんと整列していました。

改 加代子さん4月 DSCF3217_convert_20180415170646

 これまた垂れ下った、ふしぎな花。何というのでしょうか…。葉っぱも広くて、変った形でした。
 チューリップがいっせいに咲き始めています。
 相羽のH さん宅でのおじょうはんです。

改 豊明さん4月 DSCF3218_convert_20180415170715

 南米出身の、アルストロメリアが使われています。花色が豊富らしく、こんな紫のもあるんですね。
 あじさいは、「本当はつぼみを使うつもりだったんですが、一日でこんなに葉が広がってしまって、大失敗。」と笑っておられました。北方のK さん宅のおじょうはんでした。
 
 4月も半ば、いよいよ花が次々に咲き出しています。
 おとなりの見事な、というか不気味なくらいの生命力を見せていた雪柳です。

改 おとなり IMG_20180326_113403_convert_20180415183357

PageTop

3月のひまわり法話。人に知られなくても

 3月30日(金)は谷汲へ行き、法話の出前でした。
 前からいちど話してみたいと考えていた、 「畏人知」(いじんち) ということばを取り上げました。 
 人に知られなくても、かまわないという強い生き方をなさった、親鸞聖人を讃える、『画讃』という報恩講のおつとめの文句です。
 もともと親鸞聖人の肖像に添えてある嘆なのですが、私は親鸞聖人の特長を実によくあらわしてある言葉だと感心しています。

改 P1030925加工_convert_20180407091806

 しかし、これだけでは難しいかなと思い、グッとくだけて、身をやつして、「人の知らない、努力のお店」の実例をとりあげました。白板がスーパーの店先みたいでしょ。

改 P1030927加工_convert_20180407091744
 
 長浜近在の、南浜にある産直のお店でした。たしか「みずべの里」だったかな。

IMG_20180328_112132_convert_20180407092528.jpg

 ちらしずしは珍しくありませんが、イナリちらし、とは。

IMG_20180328_112108_convert_20180407092453.jpg

 どれもお値打ちです。迷いました。

IMG_20180328_111948_convert_20180407092430.jpg

 おいしそうなさっぱりとした、ちらし。菜の花も主役になれるのか。

IMG_20180328_111812_convert_20180407092415.jpg

 焼豚ちらし? こんなのも、アリなんですね。
 これには、参りました。コロッケはさむのではなくて、コロッケはさむ? 
 こうやって並べてみみると、いかにも「春ランマン」て雰囲気でしょう。

IMG_20180328_112313_convert_20180407092509.jpg

 後半は、岐阜いけ花展。とくに大野町・本巣・糸貫あたりの地元で続けられている「遠州流 美濃」と、その流れをくむ「則天門」の作品を中心にご紹介しました。

keiko054_convert_20180407092831.jpg

 YouTube でゆっくり見るのは⇒ひまわり法話 3月 いけ花展



 なお、先日から「華道 遠州流 美濃」のホームページも始まりました。とてもきれいですよ。こちらです⇒華道 「遠州流」 美濃

PageTop

帰る家を持ったかい?

 にわかに温かい季節に突入しました。先週から、法語の選択をしてまいりましたが、――

改 法語4月 DSCF3192_convert_20180403222943

帰る家をもったかい。?
遠慮(えんりょ)のいらん人が一人できたかい。?


 北海道におられた妙好人、前田政直さんの晩年のくちぐせだったそうです。

 じぶんで見出した妙好人を尊ぶことができた僧侶は、すごいですね。宗教の世界では、それがほんとう(フェアー)でしょう。

 現代でも、妙好人を見出す眼力は、見出すその人の信心しだいです。僧侶の信心がアヤシイものですと、見出される「妙好人」もまた、なんともならん人物となるわけです。
 本山へ行って何日か研修を受けたくらいで、「仏法を広めよう」などと自負しておられる門徒(僧侶も同じですが)の方に会うと本当に恐ろしく、寂しくなります。小さな僧侶、にすぎないからです。
 
 さて、帰る家は、死に向かって進んで行く方向の確かさでしょうが、遠慮のいらん人が一人、というところがむつかしいですね。
 むつかしくても、考え続ける値打ちのある言葉があると、わたしは思っています。

PageTop

外へ出てあそぼう! Beamo 

 日曜日が、4月1日でした。お経は阿弥陀経を少しづつ、ゆっくり読んでいます。ぞうきんがけも、再開しました。
 『こども仏教塾』は、

kodomo_convert_20180402183243.jpg

温かいので、外に出てビーモで遊びました。両手で持って、こんなふうに飛ばします。

改 20180402091353_convert_20180402182543

 受けるときは、こうです。ごえんさんが空中の仏様を拝んでいるように見える、かも知れませんね。真剣なんですよ。

改 20180402091407_convert_20180402182555

 うまくいくと、このとおり、スポンと体がくぐります。

改 20180402091504_convert_20180402182611

 春が来ましたが、生徒(子ども)たちは朝、起きれないようです。さびしいでした。

PageTop