易往山 浄勝寺ブログ

岐阜県 揖斐郡 大野町にある、浄土真宗 本願寺派のお寺「浄勝寺」の紹介です。

寺報:いっしょに学ぶ日曜日

寺報表紙

 【住 職 法 話】わが子には必死になる心情・イッシジ

 浄勝寺では毎週日曜日の朝、大人も子供もいっしょになって仏教の勉強をしています。「にちよう仏教学校」です。

 朝の8時から始まり、雑巾(ぞうきん)がけ10分、お正信偈(しょうしんげ)20分、お領解(りょうげ)文(もん)をとなえて、『こどもブッダのことば』一ページをかわりばんこにゆっくり読み、9時に解散(かいさん)いたします。

   子どもと大人の仏教学校

 九月の第二日曜日は、こんなふうでした。
 使っているのは、 齋藤(さいとう) 孝(たかし):監(かん)修(しゅう)、 日本図書センター:出版の『子ども ブッダのことば』です。
 右の小さい字のところは、オマケなのでしょうが、本堂ではここも読みます。とてもむつかしい言い方ですから、なるべくゆっくりと、たどたどしく読んでもらうようにお願いしています。

9月13日 p62-63_いのちがある_convert_20200919201314

 <己(おの)が独(ひと)り子(ご)>からして、むつかしいですね。皆さんはふつう、<己(おの)が>という言いかたはしませんし、<独(ひと)り子(ご)>という字もあまり使わないと思います。

 古代のインドの言葉から訳(やく)された中村元(なかむらげん)先生は大学教授でしたから、こういう硬(かた)い文章になってしまうのでしょう。ふつうに言えば、<じぶんが生んだ一人の子を母親は命がけで守るように>ということなんです。
 <一切(いっさい)の生きとし生けるものどもに> も、かんたんに <一切の生きとし生けるものに>と言うだけで、じゅうぶんですね。

     わが子へのこころ、無量(むりょう)のこころ

 さいごの <無量(むりょう)の(慈(いつく)しみの)こころ> も、わかりにくいですね。でも、「無量のこころ」とだけ書いてあった場合を想像してみてください。「何のことかしら?」という気がするでしょう。しかし、慈しみ(かわいい、かわいそうという気持ち)の心といえば多少は分るでしょう。

 あらゆる生きものに対して同じように、平等に愛情を降り注(そそ)ぎなさいよというのが主旨(しゅし)ですから、どんな生きものも「心」を持っているのですよということ。すなわち心は無量にあると思うべきなのです。ハートがいくつも並んでいるような絵のイメージですね。

 自分の大事な子どもがピンチに、危機(きき)に出くわしたとき、苦しい立場に追い込まれて悩んでいるとき、親はまるで自分が苦しんでいるみたいに、いや自分が死んだほうがマシだくらいに、つらく感じるものです。しかしこの心情(しんじょう)は、わが子に限(かぎ)られていて、他人(よそ)の子の話を聞かされても同じようには悲痛(ひつう)に感じられないのではないでしょうか。ふしぎなことです。

 他人の苦しみが理解できないにしても、せめて「そういう苦しみはどういう感じなのだろう」と、想像する訓練(くんれん)をするようにしましょう。他人の苦しみを想像で味わってみるのも、とても尊い心の修行です

  仏様の尊さ、生きものすべてに対して一子地の境地

 仏さまは、だれに対しても、どんな生きものに対しても、わが子と同様にかわいそうに思うこころを起しなさいとおっしゃるのです。それを「一子地(いっしじ)」という境地(きょうち)といいます。阿弥陀如来(にょらい)のおこころのことです。イッシジ、直感的(ちょっかんてき)に分かりやすい仏教語ですね。殺生(せっしょう)の戒(いまし)めです。

 親鸞(しんらん)聖人(しょうにん)のご和讃(わさん)にも出てきます。 「平等(びょうどう)心(しん)をうるときを 一子地となづけたり 一子地(いっしじ)は仏性(ぶっしょう)なり 安養(あんにょう)にいたりてさとるべし」(諸(しょ)経(きょう)のこころによりて)

 やっぱり、安養(あんにょう)の世界、すなわち浄土(じょうど)に往生(おうじょう)しなければ体験できない(覚(さと)れない)、究極(きゅうきょく)の境地(きょうち)なんですね。なんまんだぶつ、なんまんだぶつ……  よろしければあなたも、日曜日にお寺にお出かけください。 
  【令和二年九月十八日 浄勝寺住職・村上敏喜 拝記】

PageTop

リモートの供養

 コロナで人との出会いがはばかられたり、遠慮されたりして、何かというとリモートということが、取りざたされるようになりました。

 浄勝寺ではもう3年も前から、リモートでも仏教に親しめるように、あの手この手を準備してきました。
 お経のけいこや住職の法話はユーチューブで聞ける・見れる ようになっています。住職の活動や胸の内は「浄勝寺のブログ」でいつでも読めるようになっています。

 しかしスマホを持っておられる方、パソコンを操作できる方であっても、「開いたら、確かにありますね。」「ああ見たことがあります。」というくらいで、「いつも読んでいます。」とか「かならず見て、聞いています。」とまで積極的な方はごく、少ないようです。
 なかなか仏教を求める気持ち、教えを確かめたいこころは、湧いて来ませんからね。

 昔式に言えば、リモートは一種の「通信教育」でしょう。
 わたしも高校生の時に「学力増進会」というものに入会して通信添削というのをやっていましたが、学校の授業だけでもしんどいのに、毎月3回も答案を提出するのですから、眠る時間もおしくて、ものすごく大変でした。
 しかし高い会費を無駄にしてはならないと、石にかじりつく気持ちだったことを覚えています。(50年以上前のことです。)

 それにくらべて浄勝寺の動画とブログは、「お寺まで、答案を提出せよ」とか「ごえんさんに、400字以内で感想を述べよ」とかは決して申しませんから、出来るだけなんべんも、くわしく見てください。

 コロナウィルスとは関係がなく、昔からお寺でおこなっている「上げ仏事あげぶつじ」は、ご供養の非常手段です。

2020-09-18_8_58_06_convert_20200919210752.jpg

 今月に入って依頼された上げ仏事の様子です。遠くに住んでおられるご縁のある方からのお申し出で、親様の祥月命日のお参りをしているところです。住職の後ろにはだれもおられません。

 3年、7年に当たってくる年回忌のご法事でも、うやむやになさるお家もあるいっぽうで、こうやって毎年ご命日のご供養を絶やされない方もあるのが現実です。祥月しょうつき命日のお参りといいます。
 お申し出のかたと住職とは距離を置いた「リモート」ですが、考えてみれば、お浄土とこの世ともリモートでありますね。

PageTop

おとなと子供の仏教学校

 にちよう学校というものは、何年か前から子どもさんが来ないので出来なくなっていましたが、じつはそのままずっと毎週 「おとなの・日曜学校」?が続いているのです。

 すぐに聞かれるのは「何人くらい、おられますか?」という質問ですが、まったく人数のことは考えに入れていません。
 一人だけのことも、二人のこともあります。中学生や高校生も立ち寄る日もあります。すなおに全員でごえんさんのお話を楽しんでおられます。

08-30_8_28_47_convert_20200913210431.jpg

 日曜日の朝8時から開始。10分間の雑巾がけ、お正信偈・和讃くりよみ。『こどもブッダの教え』を一枚輪読しておしまい。おやつをもらって、9時解散です。

9月13日 p62-63_いのちがある_convert_20200913210419

 9月13日にいっしょに読んだページです。
 ほんとうは右隅の細い字は読まなくてもいい箇所ですが、いちおう読んでもらいます。読みにくいし、意味も分かりにくい文ですが、いわゆる【ブッダの言葉】の原文です。

 大きな太い字のところが当たった人はラクに読めるでしょう。でも、難しいところは、がんばらないで、たどたどしく、ゆっくり読めばいいのです。ごえんさんがフォローしますから心配しないで。

 自分の子といえば分かりますね? 己が子です。自分のたったひとりの子供、といえば分かりますね? 大事なひとりの子どものことです。これを合わせて「己が独り子」といってあるだけです。こんな言い方は読みにくいし、分かりにくいです。日本語として、聞きにくいですね。

一切の生きとし生けるものに対しても、といえば普通に分かるのに、「生きとし生けるものどもに」と書いてあるので、よけいに分かりにくいのです。

 3行目も分かりにくいカッコです。私も考え込みました。無量の心といっても、何のことやら…と思われるでしょう? では「慈しみ(かわいい、かわいそうという気持ち)の心」といえば少しは分るでしょう。
 あらゆる生きものに対して同じように、平等に愛情を降り注ぎなさいよというのが主旨ですから、どんな生きものも「心」を持っているのですよということ。すなわち心は無量にあると思うべきなのです。ハートの絵がいくつの並んでいるようなイメージですね。

 3000年も昔のインドの言葉を日本語に直したものですから、ちょっと言い方がゴツイと思ってください。

 お釈迦様の仏教の、いちばんベースにある教え、「生きものの命、おたがいにたいせつに。殺生はいけません。」という尊い教えが述べられています。

 このことばにおいての心の修行(トレーニング)は、「自分の大事な子どもが苦しんでいたら、親というのは死ぬほど苦しいですよね。」ということですが、これがよく分かるのなら、人間らしく生きておられるアナタなのですし、なかなか辛抱強く、苦しい人生を歩んで来られたアナタだといえます。

 でも、頭では分かるけれど…としか思い当たらぬのなら、「そういう苦しみはどういう感じなのだろう」と、なんども想像する訓練をするようにしましょう。人の苦しみを想像で味わってみるのも、とても尊い心の修行です。

 さて仏教では、子どものピンチの時の親の苦しみを「一子地」、我が子を可哀そう、助けてやりたいという気持ち・境地を広げたものを、イッシジと言います。慈悲の心です。無量の相手に対して一子地を持った仏様を、阿弥陀様といいます。ナモアミダブツ。…………

 よろしければ日曜日にお出かけください。お正信偈がすらすら読めるようになりますし、お釈迦さまのことばを、ゆっくり勉強できますよ。

PageTop

暑い8月のお花は限られます

 8月中に出会った、皆さまのお仏花をご紹介します。

8月 DSCF5852_convert_20200905214843

 暑い暑い8月でした。百日草、マリーゴールドの黄花、かすみ草でしょうか。畑の維持に加えて、お仏花の花もちゃんと育てておられました。相羽の K さん宅でおじょうはんです。

8月 DSCF5854_convert_20200905214916

 細かい黄色の花が花火のように咲く、女郎花(おみなえし)は秋の七草ですね。純白の角虎の尾、細長いお盆の花がミソハギです。
 この花の柔らかな紫色は独特の魅力がありますね。下方の S さん宅でおじょうはんです。
 背景の新しい茶箪笥も、目を引きました。

8月 DSCF5857_convert_20200905214942

 こちらは同家の玄関先。紫色はアメジストセージでした。白い縁取りのある葉は、初雪草。赤い夏菊もありました。豪華です。

08-14_8_33_17_convert_20200905215012.jpg

 青いリンドウ、夏菊、長短の葉組みはまだ花を付けていないシュウメイギクでしょうか。緑濃い葉っぱの使い方がていねいですね。
 北方の K さん宅でおじょうはんでした。

DSCF5865_convert_20200905215040.jpg

 鮮やかな緑です。斑入りの青木、なぜか懐かしい感じがするケイトウもあり、タマサンゴという不思議な名前の自然草?も使われています。「お花が無いので、畑と庭を探し回って…」とご苦労を話されました。たしかに。
 上を向いて伸びる、カクトラノオはこの時節、大いに助かりますね。
 相羽の Y さん宅でのおじょうはんです。

08-30_17_20_01_convert_20200905215115.jpg

 お寺(うち)でもご同様なのです。玄関先や本堂のお花に苦労します。
 これはメインが薄紫の紫苑(しおん)です。自然に生えている、草みたいな花?です。秋らしいでしょ。
 緑の葉は、ソケイ(きそけい/黄素馨)、ほっといても大丈夫な低木です。ちらっと見える赤い菊の蕾は、日曜礼拝に来て下さる M さんから頂きました。三日ぐらい持ってくれますように!

9月 DSCF5868_convert_20200905215144

 お―ッと、9月になっています。今年はお盆過ぎからが、また暑い。
 「とにかくお花が持ちません。バケツから出したらすぐダメにー」その通りですよね。
 八重のキキョウ、おそらく今夏最後のタカサゴユリ、夏菊でしょうか。下方の S さん宅おじょうはんの日が、また来ました。

-09-05_7_28_03_convert_20200905215243.jpg

 生け花みたいだと、思いませんか? 真ん中に真っすぐな長い花の茎があり、左右対称みたいに、やや乱雑に長い葉が垂れていて。
 じつはこれ、食用のニラなんだそうです。あまりかっこいいので、朝食が済んでから写真を撮りました。

09-05_11_18_15_convert_20200905215259.jpg

 下方の K さん宅でのご尊父の年回法事で、奥様が床の間を飾って下さいました。丁寧ですね。
 たっぷりと各色の菊を使って、高さを加減して切りそろえてありました。おかげで、ぜいたくな気分を味わえました。なもあみだぶつ…。

DSCF5870_convert_20200905215212.jpg

相羽の K さん宅で。百日草、マリーゴールド、カスミソウのほかにカクトラノオと薄紫のアノ花が左手にちょっと見えています。何でしたっけ? 小さいのに、なかなか存在感のある花です。我が家の境内にも一輪だけ咲いています。
【追加】アゲラタム、というそうです。

 皆さん、コロナよりも熱中症に気を付けて下さい。今回は一か月分でした。以上

PageTop

9月法語:お葬式は上がったけれど…

DSCF5872_convert_20200905212246.jpg

 あっちで死んだ、こっちで
 死んだ。それにしても、
 帰る親里おやざと のない人は
 気の毒なものである。
   (稲垣瑞劔ずいけん


 昼寝もできない暑さに、どうしようかと苦しんだお盆過ぎでした。
 お彼岸の準備、れんげ会の用意、今月の法語選びと、仕事が待っていますのに、お葬式が次々と、待った無しでうち続きました。
 そこで稲垣瑞劔師のこんな感慨に共感を持ったのでした。なんまんだぶつ…

PageTop