易往山 浄勝寺ブログ

岐阜県 揖斐郡 大野町にある、浄土真宗 本願寺派のお寺「浄勝寺」の紹介です。

令和元年9月秋彼岸会 宮田先生登場

 ことしは暑さ寒さも彼岸まで、は当たらないようです。

 9月24日(火) 彼岸永代経は、3連休明けのせいでしょうか、お参りの出足が伸びませんでした。しかし、機が熟したひとは、全員来られました。相変わらず半袖が楽な暑さでした。

vlcsnap-2019-09-30-19h05m13s344_convert_20190930204637.jpg

 宮田先生たちは滋賀県のお同行(どうぎょう:門徒さん)たちといっしょに、9時前に到着されました。

vlcsnap-2019-09-30-19h04m01s069_convert_20190930204616.jpg

 その総勢で記念写真を撮っておられたので、私もお手伝い。

vlcsnap-2019-09-30-20h02m52s799_convert_20190930204558.jpg

 午前中のお勤めです。総代さんがお焼香に出られたところです。

trim_お話UP_DSCF5003_convert_20190930183609

 先生の、こんせつ・ていねいなご法話。ぜったいに分かっていただきたいという、迫真のことばです。なんまんだぶつ。後日録画をお目にかけたいと思っています。

IMG_20190924_111858_convert_20190930183728.jpg

 聞かれる皆さんも、いつになく集中しておられました。

1569319477869_convert_20190930183654.jpg

 わたしも、精密な話の展開に「驚嘆」している場面です。今回は有志の M さんにビデオ撮影を頼みました。

IMG_20190921_103054-02_convert_20190930185552.jpg

 午前と午後のお供え配りです。気は心、と思って下さい。

DSCF4980_convert_20190930182810.jpg

 御開山(向かって右)のお仏花です。藤色のきれいなお花や生き生きとした百日草はご門徒さんからいただきました。

IMG_20190922_165444_convert_20190930182902.jpg

 法名軸の前のお仏花です。写真の色がへんですが、赤い千日紅も、いただいた花材です。

IMG_20190922_165429_convert_20190930182730.jpg

 ご代前、(向かって左:うちのお寺は連座像です)のお仏花。格安スマホの写真の限界かも?

DSCF4982_convert_20190930182945.jpg

 さきほどの法名軸の前のお仏花。明るいところで写したものです。ちょっと違う? ーよく気が付きましたね。
 いちど立て終わったとき、お花をいただきましたので、もう一度立て直したため、少し変わっています。

DSCF4987_convert_20190930183033.jpg

 何が何だか分かりませんよね? 正面の仏前に運ぶ前に撮影出来なかったのです。時間の余裕のない状況で、つぎつぎと立てて行かなければならず…。しかも、法要の翌日に撮影、だいぶ花が弱っています。おそまつさま。

PageTop

おたがいが称える、お念仏

 お盆のご法話が良かった、という声を耳にしました。わたしも同感です。鮮明でしたね。

DSCF4904_convert_20190827181828.jpg

 終了まぎわの4分間に、コウケツ師の叫びがこもっていたと思いましたので、当日の参詣者に後から出したお礼状は、そこをまとめてみました。

_convert_20190827181730.jpg

 「そこだけでも聞いてみたい」という気持ちになられたかたが、おられましたら、下の再生ボタン(▲)をポチッと押して聞いて下さい。



 ちゃんと聞けましたか? 

PageTop

盆会―は大きな家族のつどい?

2019_盆会ポスター_カラー化 全体_convert_20190818215716

 この尋常でない暑苦しさのなかで、はたしてお参りなさる方があるのだろうか? とても心配な法要でした。

 おまけに大型のゆっくりした台風が15日午後に通り過ぎて、本堂の縁側はよごれるわ、花畑の花は倒れるわで、気の重い準備でした。
 皆さんのお家の野菜畑にしても、さぞ困ったことになっていたことでしょう。

DSCF4890_convert_20190819104323.jpg

 ほっといても境内に咲いてくれる高砂ユリと裾のほうの初雪草は、この季節にありがたいものです。
 ヤバネススキ、桔梗、左上の角トラノオ、細かい白のノコギリソウ。ほんの少し咲き始めた紫苑もありました。小菊は産直で売っていたものです。

DSCF4885_convert_20190819104405.jpg

 御開山まえです。左上はちょっと地味なミソハギです。きれいな黄緑の葉はズイナ。

DSCF4894_convert_20190819104425.jpg

 御代前は古くからある「覚如・蓮如上人連座像」を見つけて、奉懸しています。秋のおみなえしが季節感あります。
 下のほう、白いやや垂れ気味なのはアジサイ(墨田の花火)の、最後の残り咲きです。
 目立つ斑入りの葉の樹は、名前を知りません。ぼうぼうに茂る枝です。

IMG_20190817_074656_convert_20190819104449.jpg

 お内陣のお仏花がすんだところで、下方の M さんが夏菊の美しいのをイ~ッパイ! 持って来て下さいました。
 すてきな色です。講師の足元に飾らせていただきました。
 白も黄も紫も生き生きしていました。有難かったです。

IMG_20190817_073826_convert_20190819104619.jpg

 寸足らずなススキでしたが、渡り廊下にも使いました。以上が前日16日までの用意です。

IMG_20190817_105043_convert_20190819104600.jpg

 17日当日は朝から猛暑でしたにもかかわらず、思いがけない多くの皆さんが参詣してくださいました。
 また、講師の纐纈先生はたいへんお忙しい身であるのに、イヤともいわず忍耐強くこの日のお話の準備をしていただいていたようです。想像するだけで、小生の身が縮む思いでした。
 ……法話をするのは、準備が、何日も何日も考えるのが、たいへんなのです。

1566080212532_convert_20190819104522.jpg

 ?ごえんさん、あんまり身が縮んでいませんね? お話は例年になくリラックスした、楽しい、先生らしい少年時代のエピソードも聞けました。

IMG_20190817_105129_convert_20190819104543.jpg

 南側からのようす。少々イスを増やしました。夏はイスのほうが涼しいかも知れません。
 役員さんはお荘厳、会場設営、お仏飯、喚鐘、お供え配り、会場片付け等、最後まで御苦労さまでした。

 こうしてみると、御先祖にたいしての供養として、顔向け、手向けとしてでしょうか、どんなに暑くてもしんどくても、杖をついてでも、お寺に参って下さる、(良い意味で)修行者のような門徒さんが、一定数あるのですね。
 のらくら者の住職を、引っ張っていてくださる門徒さんは、自分の親みたいなものだと思いました。大きな家族が全員寄り集まった風景―がお盆会でした。なんまんだぶつ、なんまんだぶつ。

PageTop

お盆会の準備清掃

 8月7日(水)は 早朝7時半から、清掃お取持ちでした。
 とにかく苦しいような連日の暑さでしたので、外の掃除は早めに切り上げてもらいました。
 お盆の前はなにかと仕事がいっぱいあるなか、皆さん集まってくださいました。
 お供えのお弁当は、今回は完熟のパイナップル入りでした。庭の松の樹にパイナップルでも成りそうな暑さですもんね。

1565325226532_convert_20190819093913.jpg

 掃除の後の、境内です。どことなくすっきりしました。

DSCF4880_convert_20190819094000.jpg

 お盆の本堂の準備は少しづつ進めて行きます。お仏花はすぐダメになるので、直前しか立てられません。
 11日にはいちおうお打ち敷きの飾りを済ませました。これでどなたが来られても、一安心です。

IMG_20190811_144054_convert_20190819093846.jpg

PageTop

無縁経―住職の古希記念法話

 住職が古稀を記念して、じぶんでお説教をしますというふれこみで、無縁経を勤めてみました。

 好意的なご門徒さんの中には、「どんなイベントをやるの? お稚児さんは出るの?」など、とんでもない妄想をふくらませた方があったようですが、はずれでした。

 実はこの春、お知り合いが私の法話を聞いたけど…という門徒のかたから、「私もごえんさんのお話を聞いてみたい」と言いに来てくださったことが2回もありましたので、勇を鼓(こ)して自坊でのお説教に踏み切ったというのが実情です。

ずっと雨のようでしたので、雨間をみて、前々日からお仏花の用意をしました。

DSCF4796_convert_20190630192550.jpg
 ご本尊前は矢羽根すすき、篝火草、黄色い花キクイモモドキ、赤い実のヒペリカム、ズイナの枝、アジサイです。

DSCF4800_convert_20190630192618.jpg
 覚如・蓮如連座像の前に、白い鉄砲ユリ、ハンゲショウ、ノコギリソウの白、あじさい、ヤバネススキで。

DSCF4805_convert_20190630192520.jpg
 御開山の前は、キクイモモドキ黄色い花、ヤバネススキ、テッポウユリ、紫の花が棒状に咲くリアトリス、頂いたグラジオラス、ピンクのアルストロメリア、墨田の花火、雪柳の枝など。右下の方にはアルストロメリアに混じって、シャボン草も。

 いただいたもののほかは、すべてお寺の花畑の花、なんとか当日までもってくれたようです。

 お勤めは正信偈を3人の総代だけでやってもらいました。ホントかウソかは知りませんが、前日は眠れなかったそうです。

_convert_20190630192903.jpg

 たいへん味のあるお導師ぶりでした。白いシャツの背中がりりしいですね。(ビデオ録画のスナップより)

_convert_20190630192926.jpg

 読経中のみなさん。おかしなことに男女席が割れました、その男子側。住職の中学の同窓生が誘い合って男女10名も参ってくれました。

_convert_20190630194815.jpg

 女性の側は写真がありません。お内陣からのスナップでご推量ください。

IMG_20190628_074650_convert_20190630193129.jpg

 如来さまの前のお仏花です。

IMG_20190628_074710_convert_20190630193321.jpg

 暗い、ご代前の前はこんな感じ。

_convert_20190630220333.jpg

 ご法話のまえには坊守の仏教唱歌のご紹介です。児玉里江さま直伝の『内省かぞえ歌』。

akane 住職法話 1561813446025_convert_20190630193022

 住職の前は同窓生の女性がいっぱい。「村上クン、イツ死ヌカ分ラナイカラ、行ッテアゲヨウ…」ということでしょう。
 とにかく予想もしなかった人数でこちらが怯(ひる)んでしまいました。
 また同窓生の聴衆というのは初体験で、思ったより照れくさいものですね。
 前夜スマホのラインで、「自然体が一番」とアドバイスしてくれた友人がいましたが、わたしは木石(ぼくせき)でありませんから、お一人おひとりの表情に一喜一憂してしまうのも、しかたがないです。

 岐阜市内のご門徒さんの参加も4、5組夫婦あり、うれしかったです。
 かんじんのお話は 「あなたはもう、仏様にお会いしましたか」。岐阜のZ寺で5月に招かれた時の再現のつもりでした。

1561813456635_convert_20190630193208.jpg

 お昼で終り、小さなお弁当代わりに自家製の朴葉寿司を配りました。古希祝いのつもりで? 
1561813453180_convert_20190630193156.jpg

 くりのお勝手で6人の女性たちが作って下さったものです。IMG_20190628_210052_convert_20190630193244.jpg

 朴葉は、お寺の畑に鳥が落して行って、ひとりでに大きくなったものです。2日前から洗って選別してありました。

IMG_20190629_080236_convert_20190630193045.jpg

 本堂の演台の脇の花は、近くの同窓生が持ち寄って下さったこころざしのお花でした。

  【訂正】
_convert_20190701143614.jpg
「 六道の書きまちがいを訂正。お詫びします。」

PageTop