易往山 浄勝寺ブログ

岐阜県 揖斐郡 大野町にある、浄土真宗 本願寺派のお寺「浄勝寺」の紹介です。

命あるうちに読んでおきたい本

ナマ のロゴ_convert_20170109184140_convert_20170109203622

 カテゴリはいつものように「読んだ本」ですが、今回は読んでいる本です。

・『歎異抄講読 (前序,一,二,三章)』 細川巌 述 日野市教育を考える会 昭和54年
 分厚い本です。500ページ近くあります。歎異抄講説_convert_20180228134553

 自坊で毎月第2火曜日夜8時から開催している、和讃を習う会で、すこしずつ歎異抄を紹介しようとしましたが、始めてみたらやはり、準備不足だと判明、いそいで勉強を追加することにしました。

 それにしても、著者の細川先生はものすごい勉強量ですね。
 とくに三河の妙音院了祥の『歎異抄聞記』、曽我量深『歎異抄聴記』、高原覚正『歎異抄集記』上・中、伊東慧明『歎異抄の世界』5冊という、どれも大部な容易には読めない書物を、参考書として挙げておられます。この中には、わたし自身は避けたい先生もあります。

 細川先生は広島の『光明団』 を率いてこられた、ものすごく熱心なおかたで、福岡教育大学におられた化学者でもあります。
 わたしはこの本を光明団 (〒733-0821 広島県広島市西区庚午北3丁目2−22)から購入しました。(現在、WEB 上でも読めます。)

改 p16_convert_20180228135210

 はじめのほうの一部をお目にかけましょう。鋭い、誠実な、合理的な先生の読み込みぶりが、すぐさま感じられるでしょう。
 最初読んだとき(そのとおり! 卓見!)と感心したのですが、それから1カ月、胸の中でくりかえし味わっていると、(大いなるものと共に、は良いけど、ちょっとなぁ…)と感じる自分を見つけました。
 新しい表現が必要だとは思えなくなったのです。
 なにか、どこかが、創設者の住岡夜晃師とはぜんぜん別なのです。
 言語の感覚か、人間把握の態度か、仏教に対する感覚が、私は細川先生と微妙にズレるようです。
 しかし、もっともドライな、現代的な読み方として、意識はすることにしています。

・『無我論の誤謬ーブッダは自己を認めている』 三木悟
改 仏教塾_convert_20180228134649
 24ページのレジュメ。放送はユーチューブ。 ⇒ 第十七回 現代仏教塾
 ものすごくねばり強い講義です。2時間半! フラフラになりました。
 しかし、浄土真宗のお坊さんなら、ぜひこの方のユニークな主張にいちどは耳を傾けてみていただきたいと思います。

dai5kai_convert_20180228144429.jpg

 それには、第5回のお話が良いでしょう。⇒第五回現代仏教塾 親鸞の今

・『太平記 一』 新潮日本古典集成(全五冊)

改 太平記表紙_convert_20180228135138

 なんだかわからないまま、日本の古典と言われるものを読み渡ってきて、この本にたどりついたというのが、正直なはなし。
 今のうちに読んでおかないと、全五冊は命あるうちに読めないかも知れないという、こころぼそい見通しのうえです。

 あまり考えずに5冊は半年以上前に購入。しかし今回読み始めてみたら、なんだか注(頭注)と自分の疑問意識が、うまく添わないのでイライラさせられ、編集者の名前を確認してびっくり。
 大学生の時いちど講義に出て、いっぺんでいやになった、エライ先生、中世、平家物語の権威、山下先生でした。どうりで違和感を感じるはずです。
 避けても避けても、会わなければならない人って、やっぱりあるのですね。大げさにいえば、怨憎会(おんぞうえ)苦。
 私の無知もそうとうなもので、これは楠正成(くすのき まさしげ)の活躍の原本でした。

 なにはともあれ、とにかくこの本で読んで行く決意を固めました。夜、お風呂上がりに、ちょびっとずつ楽しんでいます。現在「全40巻ちゅう巻3」、やっと正成が登場した所です。

 ほんとうは同じ東京大学出身でも、天才・橋本治先生が噛み砕いて、訳してくださると有難いのですが…。
 帯には懐かしい、新田次郎(数学者、エッセイストの藤原 正彦の父君)の簡潔な一文が添えられていました。これも、もう一つ深みが足りないように感じました。
 太平記はいったい何を書いたものかは、大きな謎なのですから。

新田次郎_convert_20180228151839

PageTop

花がない季節のお仏花

 寒さがずっと続いたせいで、「とうとう寒菊も茶色になってしまいました…」と気落ちされているかたが多いようです。
 買ってきたお花でも、どうあしらうかを考える余地はありそうです。

IMG_20180213_140221_convert_20180214115441.jpg

 下方の公民館(正式には、コミュニティー・センターといいますが)でお葬式がありました。
 なかなかしんぼう強く、お葬式のお取持ちを維持しておられるグループでしたが、法中(ほっちゅう:お坊さんのこと)の控室には花が活けてありました。
 大野町のM葬祭のかたが、床の間用に花材をもって来てくださったのだそうです。「活けないわけには、まいりません。」ということで、ちゃんとした床の間となりました。
 床の間があって花が無いのと、あるのでは、おおちがいです。

改 豊明 DSCF2724_convert_20180223194454

 北方の K さん宅のおじょうはんです。ネコヤナギの典型的な構成が、とても安心できますね。若いうちに習っておられたかたは、ずっと役に立ちます。
 現代ではお茶、お花を習われる女性の数が全滅に近く、ダンスやエクササイズばかりだというのが、都会の統計なんだそうです。
 人間自身が、退化、劣化しますわね。ということは、社会も うわべばかりとなってきたと思ったほうがよいようです。
 これを読んでくださるあなたも、50才過ぎたら、お茶とお花はオススメですよ。そうそう、お定飯のお参りも、オススメです!

改 桃の花五十回忌 IMG_20180216_102512_convert_20180223194608

 黒野のY さん宅で先先代の50回忌法要。家の庭に咲こうとしている桃の花のつぼみ、アオキ以外は買われたものだそうです。部屋全体に、なんとなく温かい雰囲気が感じられます。

改 宝玉のひな DSCF2732_convert_20180223194630

 「おひなさま?玄関先に飾ったりますよ。」話題が移って、帰りがけには思いもよらぬ良いものを見せてもらえることになりました。
 40年近く前の七段飾りでした。ご当家は「古くてお恥ずかしい」とおっしゃいますが、朱の色があせて、古い物の方が素晴らしい―と小生は思いました。

改 玄関先 DSCF2729_convert_20180223194548

 玄関先で雛壇に目を奪われてしまいましたが、もういちど見渡すと、隅には花瓶が。お花の好きな Y さん方でした。

改 大野昭 床の間 IMG_20180220_113820_convert_20180223194702

 ケヤキの木目が立派な、黒野の F さん宅での七回忌法要。お花は買ってこられたアルストロメリアです。ここでも、お花がない場面を想像して見てください。さびしいでしょ?

改 大野昭七回忌 IMG_20180220_113808_convert_20180223194734

 同家のお内仏のお荘厳です。なんとなくきちんとして、きれいですね。この「なんとなく」というのが、大事だと思います。

改 2月康秀 DSCF2737_convert_20180223194800

 相羽の Y さん宅でお定飯。「よくがんばりましたねえ!」思わず口に出してしまいました。ぜんぶの花材が自宅で集められたものばかりです。
 高野マキ、マンリョウ、キンカン、水仙ですね。お茶受けに、キンカンの甘煮もいただきました。

改 康秀床の間 DSCF2736_convert_20180223194822

 こちらは同家の床の間のお花。ちょっと、ホッとしました。
 手付きの花活けに水仙が楽しく行列していました。かわいいですね。

改 コリヤナギ 曻2月 DSCF2744_convert_20180226200422

 ネコヤナギとはちがいますね、と声をかけましたら、N さん「コオリヤナギだと思います…」。―どういう意味かと考えたのですが、わかりません。
 おたずねすると、氷ヤナギではなくて、「行李(こうり:こり)柳」。あの、柳行李(やなぎごうり)を編んだ材料の、柳のことでした。昔は穂積の方にいっぱい、行李を編む人がおられたそうです。
 ネコヤナギよりも品がいいみたいですね。もっと撓(しな)わせて使ってある生け花を見たことがあります。
 今月も終盤。相羽のN さん宅のお定飯です。
 

PageTop

2月25日(日) ぴょんぴょんガエル

 朝の寒さに、どうしてもお寺への足が遠のくようです。お休みのメンバーが多い今月です。

kaeru_折り紙 IMG_20180225_091012_convert_20180226202125

 ブティック社の 『男の子の あそべる折り紙』という本を大野町の図書館から借りてきてあったので、その中から
① パラグライダー と② ぴょんぴょんガエル を作ってみました。

 なにも予習せずに、みんなで頭を突き合わせて本の説明図を見ながら、ああじゃない、こうじゃないか、ワァワァ言いつつ取り組んでみました。“指導”を少なめに、と思って。
 それにしても、ぴょんぴょんガエルは、難しかったです。でも、よく跳びます。2つとも、実用性は十分でした。

PageTop

2月のひまわり法話 絵かき歌

 2月23日(金)は、谷汲へ出かけて、ひまわり法話。
 じつは2日前にというお約束だったのですが、私がまちがえて、すっぽかしたといういわくがあるのでした。

 もとにした絵かき歌の冊子は、平成2年7月に 『じょうしょうじ文庫 ⑤』 全22頁 として自主制作したものです。(残部の写真)

改 表紙 IMG_20180226_135732_convert_20180226140555

 あとがきに、その由来が述べてあります。ガリ版刷りでした。

改 あとがき IMG_20180226_135836_convert_20180226140615

 この冊子は100冊以上、無料で配布したはずですが、以来28年、「巻末ハガキ」は一通も受け取れませんでした。こうして私のような、さびしい人生観が形成されるのかも知れません…。

 さて、現在2才になったマゴとお付き合いをしていますが、「がいこつ」がいちばん好きなようです。描いた後でかならず、(こわ~い…)と言いますが。
 もういちど、多くの皆さんに、このすばらしい、隠れた文化遺産を提示したいと思い、ひまわり法話で取り上げることにしたという次第です。

改 2月ひまわり コックさん_convert_20180226133020

 私のうったえも、これが最後の機会でしょう。あんなに練習しておいたのですが、影の声(助け舟)が必要でした。
 しかも現在いちばん重要な「がいこつ」は、取り上げるのを忘れてしまいました。次の機会にでもご紹介しましょう。

お助け舟_convert_20180226134933

 YouTube で見るのは⇒ ひまわり法話 絵かき歌




PageTop

2月のお仏花:お花は内面生活の充実

 報恩講のある1月は、お定飯がおやすみで、今月から再開します。
 わたしは先月末からカゼに苦しみ、治りそうで治らず、ゴホンゴホン、ゼイゼイという咳に悩んで、不調そのものでした。

 また本年は30何年ぶりかという大寒波に日本中がおおわれ、ご家庭のお花はとても見れないと思いましたが、みなさんそれぞれの生活の荘厳(しょうごん)に工夫しておられました。
 日本人の美意識、内面生活を豊かにしようという意欲を感じますね。

改 クリスマスローズとアメリカ南天 DSCF2704_convert_20180214115004

 相羽の T家、子供さんの47回忌法要で。白い花は冬の花、クリスマスローズですね。左手の葉物はアメリカナンテンとお聞きしました。

合成 改 なた豆 DSCF2705_convert_20180214115041

 縁側の一角がすごいでしょ。寒さにやられないように養生がしてありました。ちょうど中ほどに、ぶらりと下がっていた大物がナタ豆というものでした。薬効があるそうです。
 分けていただきましたので、秋にはわが家でもお目にかかれるかも知れません。
 見るものすべて、ものめずらしく…。

改 貞子2月 IMG_20180205_102210_convert_20180214115120

 下方の Sさん宅のお定飯。いかにも2月にふさわしい絵の軸に替えてありました。美しくも寒そうです。

改 アジサイ IMG_20180206_102441_convert_20180214115223

 下方の Mさん宅お定飯。玄関先に新作の折り紙が。あじさいでしょうね。細かい、忍耐強い指先の作業のたまものです。

改 2月加代子宅 DSCF2719_convert_20180214115250

 お花はやっぱり、つぼみが力を感じさせます。相羽の Kさん宅のお定飯です。

改 ヨメの家の おひなさま IMG_20180208_090151_convert_20180214115312

 同家の床の間には、早くもお雛様のご用意が―。たいへん品のよいおひなさまの段飾りでした。
 後ろの「光寿」のお軸は、一目瞭然! 稲垣瑞剣師の手跡です。いつ見てもあの方の、枯れた字はいいものです。(なんでだろう)と自問してしまいます。


PageTop