易往山 浄勝寺ブログ

岐阜県 揖斐郡 大野町にある、浄土真宗 本願寺派のお寺「浄勝寺」の紹介です。

納棺のとき、どんな服を着ていてもいいのか?

 ようやくユーチューブという空中テレビに、ご法話を アップすることが出来ました――の2回目です。

 これで、遠くの職場におられる、はたらき盛りの男性や、にちよう学校の卒業生にも、わたしの話をいつでも聞いてもらえることになったのです。――聞く気があれば、ですが。
 スマートフォン、タブレット、パソコンのどれかは、お持ちでしょうが、できましたらパソコンでの真剣な視聴をおすすめします。(わたしも真剣なんですから)

 ここを押せば、見れます。


  
   YOU TUBE で見る時は→すっきりわかる仏教講座②


  前回と同じくVideoPad という、ありがたい「無料」ソフトというものを使いましたが、この無料は2週間だけのものらしく、4 時間もかかって作業を完成したのに、最後の局面で、保存もユーチューブへのアップも、「有料版を買わないと、出来ません。」ときたものです。
 夜中の10時に真っ青になりました。怒りで! さいしょから「もう使えません」と言ってもらえれば…と、泣きたくなりました。
 これが 娑婆(しゃば:古代のインド語 = 堪忍土 カンニンド と訳す)なんですね。それにしても、仁義なき商売だなあ…と、この会社に好感が持てなくなりました。

 閑話休題。今回の問題は、毎月第2火曜日夜8時からのお参り会(れんげ会:フリー参加)でも、質問・要望があったテーマです。ご法事でもなんども門徒さんに訴えてきたお話です。

 この撮影は、れんげ会の会場 となっている部屋で行いました。ごえんさんのホーム・グラウンドの部屋。
 ピアノの音は30年ほど前のカセットですから、テープがちょっと延びてゆがんでいます。近いうちに新しい録音を用意いたします。

 お鐘の音は、きっと亡き母がついたものです。まさか自分がついた梵鐘(ぼんしょう)の音が、今になって息子の 空中・辻説法 に役に立つとはと、なにも言わずにニコニコと喜んでいることでしょう。なんまんだぶつ、なんまんだぶつ…

 とり上げる問題、皆さまからのご質問があれば、遠慮なくコメントでお申し越しください。わたしの頭と心が対応できる、人生の残り時間は少ないですよ。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

よくわかりました。以前白装束の上に
故人のお気に入りの、ゴルフウエアがかけてありましたが、差し障りはなかったでしょうか。

Y.Mac | URL | 2016-12-21(Wed)20:30 [編集]


済んだことは、見逃しましょうよ。この自分をきたえる実例、仏様のお手まわしと、見なして。わたしは「お気に入り」を入れるのなら、身体の下の方、足元あたりに置いたらどうですか、と答えるようにしています。聞いてくだされば、ですが。儀式の以前に、お寺さんとご門徒の人間関係が、育ってないと、何ともなりません。

倍俗氏 | URL | 2016-12-21(Wed)22:06 [編集]