易往山 浄勝寺ブログ

岐阜県 揖斐郡 大野町にある、浄土真宗 本願寺派のお寺「浄勝寺」の紹介です。

心を広げて、もっと広く味わおう

 3月24日(金) グループホームでのお話に、子どもの詩を使っての2回目です。 今回は5年生、6年生のときのお二人のことばです。

改 お定飯の家で DSCF0995_convert_20170330094706 彼岸と此岸(しがん)という仏教語を紹介しつつ、これを大きくザックリと味わってみたらどういうことになるのだろうか、わたしなりに考えてみた記録となりました。

 彼岸に渡るとは、日常から非日常までじぶんの意識を拡幅する試み。また別の言い方をすれば、わたしの心の狭さを広げるレッスンとしての聞法の時間ではないかと思います。
 自分の世界の中から出たくない、受け入れる余裕などないという煩悩をすでに成就している、わたしたち(大人― 僧・俗を問わずに、ね)にはつらい訓練なのですがー。

 じっさいに私がどんなことを考えていただこうとしたのかは、下記の動画でお確かめください。

 ● ピンどめ   5年生・なぎさ

  「なぎちゃん、かわいーねえ」と言われた時、私はうれ
  しかった。
  今日つけてきたピンどめは、きのう買ってきたばかり
  です。黄色と青と。
  今までそういうことをいわれても、「そんなことないよ」
  と言っていたけど、自分の気持にす直になって、「やっ
  ぱ?」とか「どうも」とかいいます。
  (うれしかったら、うれしい気持ちを相手につたえなけ
  ればいけないな)と思いました。

          改 星子あかね 航 港区_convert_20170329143710

                                     
 ● ねむたい日   6年生・くるみ

  ねむたい日も
  たまにはあるものだ
  わたしは
  そのたまにが
  今です

 ● 半そで 半ズボン   5年生・くるみ

  今日、先生が体育をつぶしてお話を
  しました。そのとき「今、半そで半ズボンになりなさい」
  といわれました。
  わたしは、先生には失礼だけど、「先生自身は、長そで
  長ズボンなのにな」と思いました。
  先生、本当のことを書いたんです。
  おこらないで下さいね。

 改 桃子と谷汲で_convert_20170329123154

 ● 「 く せ に 」という言葉   6年生・くるみ

  わたしは「○○のくせに、そんなことしとってどうする
  の !? 」という言葉を聞くと、とてもいやです。だれでも
  そうだと思う。だから、わたしもなるべく (!!) 言わないよ
   うにしています。
  ずっと、大人になっても、この言葉は、子どもや友だち
  だれにも言わないと思う。

 ● ゴミすて   5年生・くるみ

  今日、母と父にたのまれて不燃物(ふねんぶつ)を出しにいった。
  一輪車で、妹と。
  とちゅう、女の子の友だちにあった。
  少しはずかしかった。
  わたしは帰って来てから、それをかんがえていました。
  どうしてだろう。
  またそれを考えたいです。

 ● 家庭   6年生・くるみ

  父が本を読んでいる
  母が赤ちゃん (ゆずちゃん) にお乳をのましている
  おばあちゃんは弟 (海くん) のせわをして
  弟はおばあちゃんにせわをしてもらっている
  妹は (なぎさ) ごろんとふとんの上であそんでいる
  わたしはこうして日記をかいている
  そんな家庭が
  今、ここにある


               改 1989_夏の水遊び(平成元年) _convert_20170329123344



link:: youtube で観るなら →  ひまわり法話 ③
                           改 2017_3月ひまわり 2_convert_20170402110213


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する