易往山 浄勝寺ブログ

岐阜県 揖斐郡 大野町にある、浄土真宗 本願寺派のお寺「浄勝寺」の紹介です。

蒸し暑さの中で咲く花たち

 今日から小学生は夏休みに入ります。季節も本格的な暑さに、蒸し暑さに入って来ましたので、お内仏の花をまとめておきましょう。

改無し 貞子床の間 IMG_20170703_092506_convert_20170721163855

 涼しそうな床の間でしょう。さてこの絵はどう見たらよいのでしょうか…崖っぷちにひょろっとしたシダの類(たぐい)が、ノキシノブとか、生えているように見ましたが。
 毎月のお参りにうかがうたびに、お一人(80代) で月変わりのお軸を掛け直されておられます。下方の S さん宅です。

改 住職 DSCF1915_convert_20170721163923

 どこかのお家で見た紫のリアトリスのお仏花を「真似して」立ててみた、住職の花です。少し曲がっていました。
 白い小花は雑草のヒメジョオン。黄色はうちの花畑で息も絶え絶えになってしまった、ユリオプスデージーです。ビロードのような真っ赤な小花は、ナデシコの一種でしょうか。いつまでも咲いていてくれます。緑の葉は「立ち天門冬」です。
 紫の小花もありますが、なんだか雑草ぽいです。
【後日判明】 雑草も雑草、アレチハナガサという強い雑草のようです。日本在来の草花に取って害があるようです。くわばら、くわばら、早く抜かなくては!

改 賢一お仏花7月 DSCF1920_convert_20170721163956

 ここは花が早いと思いました。7月に入ったばかりでしたが、もう千日紅の赤いボールや百日草がいっぱい咲いていますから。
 赤と白の夏菊もちゃんとあるのです。うすむらさきはあざみ―ではなく、ストケシアという柔らかい茎の花ですね。
 黄色はキクイモモドキ、白のノコギリソウも見えています。ベージュのグラジオラスは季節ですが、右上のうすむらさきの「ミソハギ」はお盆の花のはず? どうして、と思うくらい早咲きなのでしょう。相羽の K さん宅です。

改 美代子さん7月 DSCF1925_convert_20170721164021

 白いシャスターデージー、紫のリアトリス、黄の菊、と今の季節らしくそろって、また特別のピンクのアジサイと来ました。
 写真で見るより、もう少し、わずかに甘いピンクなんです。信じられない色でした。奥さまの昔、好きだった色だとか。下方の M さん宅です。

改 7月加代子さん DSCF1933_convert_20170721164045

 びっくりしました。花材が大胆で。いちばん背の高いのは大きなギボシですね。いちばん下は変化を重ねているあじさいですね。キキョウも今どきです。さて、まん中のおおきなストケシアみたいなのは、なーんだ? 
 「アーティーチョーク」というのだそうです。「巨大なあざみ」というアラビア語だとか。イタリアでは食べるのだとうかがいました。
 びっくりしました。左のほうに並んだ3本の(ブルボンのお菓子のような)花は、カラーでした。楽しいお仏花でした。相羽の K さん宅です。

改 高橋さんお仏花7月 IMG_20170721_083931_convert_20170721164213

 もっとすっきりした色合いだったのですが、カメラを持っていなくて、スマホで (Android) 写したからです。カメラによってどこか色がちがう…ということもあるようです。
 夏休みに入るころから百日草の天下になってきました。そして、かわいらしい、愉快な千日紅ですね。先端の細かい花(わかりません)と、すその緑の葉の出方がよく効いてバランスを感じさせてくれますね。 相羽の N さん宅でした。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する