易往山 浄勝寺ブログ

岐阜県 揖斐郡 大野町にある、浄土真宗 本願寺派のお寺「浄勝寺」の紹介です。

夏休み工作 ー 四面変り絵

 夏休み中のにちよう学校です。先週、全員欠席、先々週は一人だけ、と、この先どうなるやら心配ですが、いちおう何事もなかったかのように、本堂を開けています。

 6日は『四面変り絵』の工作でした。遠くでこのブログと心のシンクロをなさっておられる方もあると仮定して、作業メモからお示しいたしましょう。

p1_P2_convert_20170807104425

P3_convert_20170807104447

 じっさいに作ってみると、まずは M ちゃんの表側――

改 まずは、 みなみ DSCF2002_convert_20170807160934

 これをまん中で割って拡げると、

改 中を開けば みなみ DSCF2003_convert_20170807163020

 次に、裏面は
「(瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の)⇒下の句: われても末に あはむとぞ思ふ」
 「ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 ⇒下の句: からくれなゐに 水くくるとは」
 「しのぶれど 色にでにけり わが恋は ⇒下の句: 物や思ふと 人のとふまで」
 「夏の夜は まだ宵ながら あけぬるを ⇒下の句:雲のいづこに 月やどるらむ 」

改 では、裏、みなみ DSCF2004_convert_20170807160858


 百人一首の 下の句(取り札)ばかり、ぜんぶ暗記で四首も書いたんだね。で、これを中割りすると、

改 裏の中折り みなみ DSCF2005_convert_20170807163108

 ン? そのうちの一枚か。つながりが、ようわかりませんが。では、次は Y ちゃん。

改 せをはやみ 表 DSCF1999_convert_20170807160653


 ちゃんと教えてくれました。川に岩、「瀬をはやみ、のうた」だと。――とすれば、中を割ると、「われてもすゑにあはむとぞ思ふ」 かな?

改 表割り 紅葉の川の絵 折る DSCF2001_convert_20170807105004

 ありゃ? この絵は 「このたびは ぬさもとりあへず もみじのにしき 神のまにまに」(菅家;菅原道真)かまたは 「からくれないに みずくくるとは」(在原の業平)、どちらかでしょ? とすると、表の2面で絵フダ2枚ということかな。
 裏面はどうなっているのかな。

改 ものやおもふと DSCF1997_convert_20170807104948

 これはまた別口の、M ちゃんと同じ句がアップで。それを中心で割り広げると、

改 裏割り からくれないに  DSCF1998_convert_20170807104917

 ほほぅ、ここで表の絵2枚(滝川とモミジ)の下の句2つが出てくるのか…。そうすると表の紅葉の絵はやっぱり「からくれないに みずくくるとは」だったんだね。
 こちら、頭が、しびれました。【私は百人一首の本を見ながら記述しています】 本人もずいぶん悩みながら作ったのでしょう。

改 ののか 開いて DSCF1990_convert_20170807160917

 きれいなキノコです。N ちゃん。

改 あやちゃんピコ DSCF2006_convert_20170807160625

 ピコ太郎。中学生の A ちゃんもご参加してくれました。

改 優君 DSCF2007_convert_20170807163053

 U君はどうも工作が楽しくないようです。すなおに他人のまねをすることも大事なことだと思うのですが。9時半までかかってしまいました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する