易往山 浄勝寺ブログ

岐阜県 揖斐郡 大野町にある、浄土真宗 本願寺派のお寺「浄勝寺」の紹介です。

お盆会の準備、本堂のお仏花

 明日はお盆会。2日前から雨が断続的に降り続いていますので、お花を切るタイミングに悩みました。
 14日、とにかく小雨になったら少しずつ切ろうと裏の畑に出て、半分ほど水につけてようすを見ながら、15日に2杯を立てました。

改 盆会 正面 DSCF2043_convert_20170816153851

 まず正面から。薄紫のミソハギをたくさん使いました。黄色いカンナも少しは残っています。当日まで持つかな? オレンジの緋扇も暑さで、色がうすくなってきました。
 すその細かい、とがった葉はチョウジソウの葉っぱです。花はとっくに終わっていますが、長細い種と葉が使えました。

改 盆会 御開山 DSCF2039_convert_20170816153912

 御開山の前です。うすぐらい場所なので、なるべく明るくしようと思いました。
 中段の白い小さな花の房はさるすべりです。境内山門を入ったところにあります。黄色い細かい花は雲南黄梅(ウンナンオウバイ)。これも4,5月に咲く花ですが、このごろまたちらほら咲き始めたので、使いました。
 まん中にツンツンと立っているのは、…見慣れた花ですが、思い出せません…涼しげな薄紫の 「カクトラノオ」 でした。白のムクゲも17日まで、たぶん持たないでしょう、当日朝に差し替えでしょうね。
 その下の可愛いピンクはなんだか急にいっぱい咲き始めたのですが、彼岸花みたいだけれど、…調べたら、「夏ズイセン」でした。葉っぱがないので 「裸ユリ」とも言うようです。きれいだけれど、ちょっと不気味…。
 ここで14日終了。

改 御代前  盆会DSCF2049_convert_20170816153933

 15日は御代前のお仏花です。
 赤いさるすべり、は境内の赤いものとは違い、グッと濃い色です。黄色のキクイモモドキ、細かい花が落ちるので困る、おみなえし。純白のムクゲはほんとうにきれいです。
 ヤバネススキも切りました。キキョウは花の着く期間が長いのでありがたいです。
 すその緑はやはりチョウジソウ(丁子草または丁字草と書く)と少しのズイナ?。あとは残りのお花で――。

改 小品 ガラス DSCF2051_convert_20170816154252

 たった一輪だけ咲いたシュウメイ菊は初物です。

改 下陣のかご花 DSCF2035_convert_20170816154330

 裏の花畑にたったひとつ残って、まだ咲いていたアジサイ。驚きでした。緋オウギといっしょに外陣(げじん:お参りする所)で見てもらいましょう。
 16日には玄関のお花、お内仏用などを立て直しました。

改 小品 粉吹き DSCF2054_convert_20170816154309

 花ミョウガです。かわいいですが少し焼けています。茎が長すぎました。渡り廊下用に。こんなところです。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する