易往山 浄勝寺ブログ

岐阜県 揖斐郡 大野町にある、浄土真宗 本願寺派のお寺「浄勝寺」の紹介です。

盂蘭盆会…念仏でしか往生できない

 ことしは雨つづきの夏ですが、お盆会の17日はちょうど雨が降らなかった一日でした。
 9時半から、参詣者ご一同といっしょにお正信偈をおつとめしました。

改 御参り RIMG1929_convert_20170819201853

 向って右が住職です。緑色のおけさは、本年新調した夏のお袈裟です。きれいでしょう?-と私は思うのですが。

改 鐘つき RIMG1926_convert_20170819201921

 お勤めが済むと、「あぁ、お盆をみんなでお参りしたなぁ」 という満足感を味わえました。きっと、集まられた門徒さんもおんなじ感慨だったと思います。
 坊守の仏教唱歌 「しんらんさま」 の練習があり、10時の時鐘となりましたが、ちゃんと役員さんで気が付いたらしく、つきに行って下さいました。ありがたい。

改 住職 IMG_1569_convert_20170819201942

 いよいよご法話です。
 ひごろから私の3倍から4倍の、お坊さんとしての仕事量、いろんなプレッシャーに絶えずさらされて暮らしておられる講師の、コウケツ先生は非常に厳密に(しんちょうに、ということです!)ものごとを考えられる、公正な気性のおかたです。(私はひそかに高潔師と呼んでいます。)
 「どうして親鸞聖人は越後に流されてしまったのか、なぜ法然さまは土佐へ流罪になられたのか」という、微妙な歴史上の問題に対して、厳密に資料を検討して教えてくださいました。
 私も学生時代に帰って、頭をフル回転して聞いております。

改 聴聞 IMG_20170817_112352_convert_20170819202002

 男性のお参りが増えてきた気がしますね。
 それに、いつもよりたくさんの御参りがあるように“みえる”のは、役員さんたちが、イス席をいつもより1メートルほど前に並べられたからかも知れません。みなさん、しんぼう強く聞かれました。

 最後にとうとう結論が明確に打ち出されました。
改 お話 DSCF2070_convert_20170819212217

  「お盆のお墓参りでご先祖とお会いなされたかもしれませんが、自分が知っている親に会うのではなく、仏様になられたご先祖とお会いするのですよ。
 仏さまと出会うとは、わたしたちが一人残らず 【劣根一類】(れっこんいちるい) すなわち愚者凡夫であると思い出すこと、自分で確認することなんです。
 お念仏でしか、往生できないのですね!」と。ありがたいお導きでした。なんまんだぶつ、なんまんだぶつ…

 ◇◇◇◇  ◇◇◇◇  ◇◇◇◇  ◇◇◇◇ 

 あとから、参詣者のみなさんにお出ししたお礼状です。
お礼状_convert_20170819202716

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する