易往山 浄勝寺ブログ

岐阜県 揖斐郡 大野町にある、浄土真宗 本願寺派のお寺「浄勝寺」の紹介です。

あたらしい、教科書

 現在の生徒は最大8人、ふつうは3人くらいという状況です。わたしの不徳のいたすところでもあるでしょう。
 しかし、それでも、参加してくださる子ども・おとなに差し出せるものは何であろうかと、常に考えています。先回から 「あたらしい教科書」 を本堂に常備して、毎回1項目ずつみんなで読むことを始めました。

センセイ 表紙_convert_20171004213230

 とてもきれいな本でしょう。東京の仏教伝道協会から、取り寄せました。

① 自分がいやな_convert_20171004213248
 これが、先週のことばです。この言葉についての、ちょっとした説明も、本には付け加えてあります。(ここでは省略)

② まわりの人が_convert_20171004213305

 これは今回の(10月1日) にちよう学校で読んだことばです。どちらも簡潔で、良い選択だと、感心しています。

改_缶けり RIMG1940_convert_20171004222225

 そのあとやったのは、久しぶりに、缶けりでした。

 子どもに与えなければならないものは、清潔な精神を育てる栄養だと、私は思っています。ちからや権力を背中にしょって、ものを言ったりしない、そういう人になってもらいたいと願っています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する