易往山 浄勝寺ブログ

岐阜県 揖斐郡 大野町にある、浄土真宗 本願寺派のお寺「浄勝寺」の紹介です。

4月後半のお仏花 カラーの白、うつぎの白

 連休、連休と続いている間に4月が終わって、風香る5月です。
 4月の後半のお仏花を拝ませていただきましょう。

改 4月 DSCF3229_convert_20180507080421

 相羽の N さん宅お定飯です。
 江戸時代からポピュラーな、キンセンカですが、細かい白い花にいっぱい取り巻かれてしまうと、別の花のように、マドンナ然として見えるのですね。

改 杉山さん DSCF3265_convert_20180507080654

 これはまた、可愛らしい花です。白いのは分かりません。
 そして、これも昔からおなじみの、「撫子」の真っ赤ともう少し切れ込みの深いピンクがお庭から持ち込まれました。
 「なでしこ」と書くと、パソコンでは女性のスポーツ選手ばかり現れて、びっくりしました。ナデシコよりも、この撫でる、子を―という漢字が、気分です。
 お母さんのこの世に残されたものでした。相羽の M さん宅お定飯です。

改 厚子4月 DSCF3245_convert_20180507080537

 こちらもキンセンカが明るい感じで咲いていました。黄と紫、アヤメの顔が見え始めました。
 取り合わせてあるのは、矢車草です。これも昔からある、懐かしい花です。斑入り(ふいり)の緑葉は、…なんだったかな? 万年青(おもと)にしては薄いし。
 こうして葉が長いと、全体のボリュームが出て、楽しいですね。
 相羽の A さん宅のお定飯です。

改 超子さん IMG_20180430_114014_convert_20180507080608

 古川の C さん宅のご法事で。柔らかい味の白さです。
 ええと…卯の花はもう少し細かいし、何でしたかね? わが家にもいっときはあった、バイカウツギかも知れません。
 意外と水揚げが良いようです。白のアイリスもありました。

改 堀さん5月 DSCF3259_convert_20180507080633

 ドカンと景気よく、盛られて出ました、アイリスです。
 そしていよいよ始まる芍薬(しゃくやく)も、初登場でした。相羽のH さん宅のお定飯です。

改 由利子4月 DSCF3243_convert_20180507080448

 最後のトリのように、堂々と気高く登場してくださいました。
 カラーの大小の配置、控え目につかわれた芍薬のまるい、きれいな形。とくにカラーの葉がとても繊細に左右に振り分けられていました。
 ていねいなことが、迫力となっています。 相羽の Y さん宅お定飯のお仏花です。今回は以上です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する